日々のぼやき

日々のぼやき

先の予定は埋まるけど。

猫の弔いの他は2か月おきの髪切りに行き、ほぼ毎月の歌舞伎座(昼の部のみ)、後は家で掃除というだけの6月1週め。いつもよりだらだら度は低めのつもりでも、掃除も辛うじて日々の埃や黴落としだけで引越に向けての家の中の片付けは捗々しくないのは前月同...
日々のぼやき

そしてやっぱり掃除をする。

調布の借家の猫3匹のうち1匹、牛柄嬢が私が福岡からの戻りを待たずに息を引き取った。 その5日後の飛行機で帰る途中で棺に入れる花を買って、翌朝には次男も来てみんな揃ったところで市内の動物霊園にて荼毘に付す。 牛柄嬢の具合が目に見えて悪くなった...
日々のぼやき

再び「趣味は掃除」を目指す。

趣味の良しあし以前に、いつも片付いて掃除の行き届いた部屋というのは自分にとって憧れというより一時期は悲願とでもいいたいくらいに切実だった。部屋の乱れは心の乱れとか世間でも言うけれど、部屋さえ片付いていれば人生の問題の7割が解決する、根拠もな...
日々のぼやき

陸路下り道中のこと。

調布の借家の片付けを一気に進めるつもりだったのだけど、案の定対して進捗もなく連休含めた2週間と少しの東京滞在期間が終了。この期間冬物の選択や片付け、掃除だけは毎日そこそこにやったので散らかり感こそ薄めではあったけどモノを減らすところまでには...
日々のぼやき

移動距離だけ積み上げている。

福岡から東京まで車で移動。四輪免許としてはおよそ30年のペーパー期間を経ての運転再開から約1年が経過。毎日実家までのルートのように慣れた道はまだいいけれど、長距離単独運転にはまだ不安が残る。毎月の飛行機移動で貯まったマイレージで夫を福岡まで...
日々のぼやき

住処、その後の経過。

半年前まで自分が事務所という名目で寝起きに使っていた所有物件、お陰様でその後想定以上の家賃で借り手がつく。 その場所を賃貸に出すために半年前に借りた今の部屋は実家から車で20分。それなりに居心地よく暮らしてはいるけれども、なんとなくその後も...
日々のぼやき

色褪せてゆくお年頃。

どちらかと言えば見てくれにはあまり手をかけないまま人生ここまできちゃった感。 それでも時として「このままではいかん!」と発作的にあれこれ弄りだしてみたりする期が2年に1回だか2回だかあったりもする。で、ある程度のところで気が済んだらまたしば...
日々のぼやき

春のじわじわ進行。

如月から弥生と暦が流れていくのをぼんやり見送ってたらもう中旬に差し掛かっている。 先月その後下旬は母につきあって環境セミナー?なるものの講演を聞いたり、地元で唯一連絡が取れている高校時代からの友人と近所の水炊屋にて飲んだり。 東京戻ってから...
日々のぼやき

脱無彩色の御託宣。

くたびれた服、もしくは着るとくたびれて見える服を思い切って処分した結果、トップス、ボトムスそれぞれ2,3着を着回すことになる。洗い替えを考えても数としては十分、収納にも余裕ができたのはよいことながら、残ったアイテムはどれでも上下組み合わせO...
日々のぼやき

日々軌道修正

今月と来月は月の初旬を東京、あとは福岡。 あと1年くらいはこのペースでの移動と考えていたのだけれども、先月末の検査で母の腎臓周りの諸々の数値が勉強入院前に戻ってしまう。 というのも自宅での療養食は今のところ自身でやっているのだけど、野菜だけ...